【gif画像】クロスステッチの刺し方をわかりやすく動画で紹介!【折り返し方法】




クロスステッチが楽しすぎて困っています。

普段はライターとしてお金を稼いでいるのですが、クロスステッチにハマってからは仕事に手がつかないほど!

「楽しそうだけど、実際にクロスステッチってどうやって刺せばいいの?」

そんな悩みでステッチ生活に踏み出せないあなたのために、この記事では動画でクロスステッチの刺し方を教えます!

 

基本の刺し方

クロスステッチに使う布は、ジャバクロスというブロック分けされた生地です。

この穴に対して裏側から針を刺し、対角の位置にある穴に表側から刺すというのが基本の刺し方。
文章で書くと何を言ってるんだかさっぱりですよね!
そこで、今回はgifアニメを使って解説していきます。

GIF

これが基本の刺し方。
色が濃い部分は表側、薄い部分は裏側の糸の動きを表しています。

イメージとしては、「横のラインを往復する」と言った感じでしょうか。
ひとマスずつクロスするというやり方もあるので、やりやすい方法で刺すようにしてくださいね!!

複数行刺す場合に使う、基本の折り返し方

複数行刺す場合、1行ずつ区切って刺すよりも長い糸を使って一気に終わらせてしまいたいものです。

そんな方のために、複数行刺す場合の折り返し方を紹介します!

GIF

普通に往復して、最後に「ひと穴飛ばして折り返す」と言ったイメージでしょうか。

ひと穴程度なら飛ばして刺しても体制に影響はありませんので、思い切ってやっちゃってください!

 

2行目がちょっとズレている場合の折り返し方

複数行刺さなければいけない場合、折り返しが同じ列からはじまるとは限りません。
2行目がズレていると、基本の折り返し方が使えないので、折り返す際にちょっとした工夫が必要です。

 

2行目が右側に1個ズレている場合

2行目が右に1列ズレている場合、折り返し直前の刺し方が微妙に変わってきます。

基本の刺し方の場合、裏側は進行方向に対して垂直に刺していくのですが、右に1列ズレている場合、折り返し直前の裏側は進行方向に対して並行に刺すのです!

うん、やぱり文章だとわかりづらいですね!
というわけで、動画を参考にしてください!

GIF

 

2行目が左側に1個ズレている場合

2行目が左側にズレている場合、折り返し直後の刺し方が変わってきます。
こちらも進行方向に並行に刺すのですが、文章だと説明が難しいので最初から動画で紹介しますね!

GIF

 

まとめ

基本の刺し方と、折り返し時の刺し方を紹介してきました。

折り返しがスムーズに行くと、裏側がシンプルで美しくなるので、作品としての完成度が一気に上がります!

1行ずつ切り離しながら進行するのもいいですが、スピーディかつハイクオリティな作品を作りたいのなら、是非折り返し方をマスターしてみてください!

関連記事