男の着物、帯は何を締めればいいの?価格は?帯についての疑問を徹底解説!




ちもん
こんにちは
薄毛の育毛ライター、ちもんです。
和服は最高の男磨き! 今日から始める男の着物

和服は高いから何着も買えないんですが、代わりに帯(おび)を何本か持とうと思ってます。
「和服は帯の印象でだいぶ変わるもの」とはよく言いますし、この際、女性ファッション誌バリに「一週間着回し男子」を楽しんでしまおうかと。

でも、帯ってたくさん種類あるけど、どれを買えばいいんだい?
ちもん
そう思って、実は今日は帯について調べてきたよ!

この記事では、男性用の和服の帯にはどんな種類があるのかどのように使い分けるのかを解説します。

 

男性用の帯は基本3種類!用途に応じて使い分けよう!

そもそも帯って何?
ちもん
お代官様が引っ張って女の人を下着姿にする奴さ!

帯とは、身体に巻き付けることで、着物を押さえる長い布です。
巾着、信玄袋などの小物を装用したり、扇子を挟んだりすることもできます。
帯の種類はたくさんありますが、男性用の帯は基本的に「角帯」「兵児帯」「作り帯」の3種類
これらをTPOによって使い分けることができれば、和服マスターです!

 

角帯

フォーマルな場合もカジュアルな場合も使える万能な帯。
締めると腰回りがカッチリしてするのは堅めに織られているからです。
素材は正絹が代表的ですが、価格は高め。
また、絽、紗、羅、麻といった透ける素材のものは風通しがいいので夏には重宝します。
現在は綿や化繊など様々な素材のものがあるので、予算に合わせて購入可能です。
安いものだと、しまむら的なファッションセンターで1500円程度。
高いものは2~3万円しますが、着崩れしづらく快適だということです。

メリット

  • 腰回りがカッチリしててカッコいい
  • どんなTPOでも使えて無難

デメリット

  • リラックスしたいときには少々苦しい

 

兵児帯

柔らかい布で作られた帯で、カジュアルな場面やリラックスしたい場面で使用するのが一般的です。
ゆったりと締めるので、家の中でくつろぐ時などは最適の帯と言えるのではないでしょうか。
現在は、子供の浴衣の時に締めることが多いのですが、元々は大人の男性用。
薩摩兵児と呼ばれる薩摩藩の若武士が着用していたものだそうです。
ヒラヒラして結ぶと華やかだと言うことで、女性にも愛用者がいます。
予算は角帯よりも安く、しまむら的なファッションセンターで1000円程度。
高いものだと、1~2万円します。

メリット

  • ゆったりと巻けるので、リラックスしたいときに楽
  • 腰回りが華やかになる

 

デメリット

  • フォーマルな場合には着用不可

 

作り帯

最初から結んだ形に加工してある帯です。
マジックテープで止めるので、誰でもカンタンに帯を締めることが出来るのが特徴。
急ぎの用の時などに重宝するので、1本は持っておきたいところです。
お代官様が引っ張ってもマジックテープが「バリバリッ」と剥がれるだけ。
情緒が無いこと甚だしいので、「あーれー」とやりたい方は普通の帯を使用しましょう。
価格はしまむら的な(略 で、大体1500円程度。
Amazonなら2000円~3000円くらいで買えます。
高くても6000円くらいで買える印象ですが、これは拘りがある和服愛用者は作り帯ではなく自分でちゃんと帯を締めるからでしょう。

メリット

  • 数秒で装着可能
  • いい生地のものが割安で手に入る

 

デメリット

  • 情緒もへったくれも無い
  • 割とバレる

 

まとめ

帯はTPOで使い分けるものですが、普段使いならあまり気にする必要はありません。
気分や着物の雰囲気によって、使いこなすのが伊達というもの。

個人的には、角帯3本、兵児帯2本、作り帯1本くらい持っていれば、オシャレに着こなせると思っています。
和服で生活するのなら早めに集めておきたい重要なアイテムですね!