幻の著作「モテるハゲ。」その前書きを公開!




ちもん
こんにちは
薄毛の育毛ライター、ちもんです

グーグルドキュメントのファイルがあまりにも増えてきたので、フォルダを作って整理していたのですが、その時に懐かしいファイルを見つけました。

 

 

モテるハゲ。
なんとも思い切ったタイトルです。

実はこのファイルは、以前、出版社に勤務していたときに出版しようとしていた本のタイトルです。
職権乱用で自分が書いた本を無理やり出版できるくらいには弱小で著者を抱えてなかったので、本を出すという実績を作るのにはちょうどいいだろうと企画書をまとめながら前書きまで執筆していたのです。

当時は、

ちもん
ぐへへ
この本を出版して、世のコンプレックスビジネスを壊滅させてやるぜ

と息巻いていたのですが、前書きを書いている段階で会社の経営の方が壊滅してしまい、お蔵入りになっていたのがこのファイルです。

せっかく見つけたので、ここで発表して供養してあげようと思います。

 

モテるハゲ。前書き

この文章を読んでいると言う事は、お前はハゲているな?
いいやハゲのはずだ。
頭がハゲてないのに、わざわざこの文章を読みにくる奴は心がハゲている!

いずれにしてもハゲはハゲだ。

そんな毛髪ハゲも心ハゲも、この本にたどり着いたという事はモテたいという気持ちは同じだろう。仕方が無いので、ひとつ協調して聞いていてほしい。

こんな文章を書くからには、言うまでもなく僕もハゲである。
しかし妻はいる。しかも美人だ。
これは別に特別僕がイケメンという訳だからではない。
むしろブサイクの部類に入るし、足も短いし腹も出ている。

2013年7月、銀座HSクリニックが400人の男性を対象に「薄毛と恋愛に関する調査」を行った。
そこには驚くべき結果が記されていた。
薄毛男性は薄毛でない男性に比べ恋愛経験が多いというのだ。
薄毛だからといって、これから先の人生を一緒に歩むパートナーが見つからないわけではないのである。

これは全国の薄毛男性達にとって革命的な事実なのかもしれないが、残念ながらお前達の頭皮の様に輝ける未来を示しているわけではない。
この事実は、モテない薄毛男性達に不毛な現実を叩き付けているのである。
どういうことかって?つまりこういうことだ!

お前達は、たとえ髪がフサフサでもモテない!

お前達がモテないのは、髪が薄いせいなんかじゃない。
シンプルに、モテないからモテないんだ。

しかし安心してほしい。
自分の髪の毛の本数と同じ数の女性と付き合ったこの僕が来たのだ。
最短で明日の朝にはお前達はモテない薄毛男性からモテるハゲへとクラスチェンジすることになるだろう。

ちなみに僕が今までの人生で言われてきた罵声から分析した薄毛が避けられる理由を以下で紹介しよう。

・かっこわるい
・老けて見える
・清潔感が無い
・気持ち悪い
・足が短い
・バーコードほどではないがQRコードみたいになってる
・センスが無い
・足がどうしようもなく短い

ひどいものである。
この僕が言われ続けてきたという事は、薄毛の人全員がこう言われていると思ってもらっても構わないだろう。
可哀想に。
しかし、これだけ言われ続けてもお前達はそれを薄毛のせいにしてはいけない!
薄毛が治ればモテると錯覚してしまうからだ!
この巧みな論点のすり替えを世のコンプレックス商法が利用しない訳がない!

世の中のコンプレックス商法は、藁をもつかもうとする人間に対して本当に藁を買わせるような商売だ。しかも高額で。
目を覚ませ!お前達の頭にいくら藁を乗せたって、薄毛は少しも隠せないんだよ!

さて、僕はお前達をモテるハゲにクラスチェンジさせると言ったが、そのためにはまず、お前達は髪を全部剃ってしまう必要がある。
薄毛状態から文字通りハゲにしてしまうのだ。
え?ふざけるなって?
ハハハハッ!僕はお前達を「モテる薄毛にする」なんて言った覚えは無い、「モテるハゲにする」と言ったのだ!
安心したまえ。
ハゲといってもスキンヘッドまで剃らなくてもいい。坊主頭で十分だ。

薄毛の非モテにとっては変に髪があるより、ハゲにする方が恋人を作れる確率が高い!

この本で、それが証明されていく事になるので楽しみにしていてほしい。

改めて読んだけど酷いな。

これが無事に出版されたとしても黒歴史になることは間違いないのですが、ISBNコードと国立国会図書館にしっかりと残ってしまうため、すぐに掘り返されてしまいます。

会社の経営が壊滅して良かったと言える点のひとつですね!

まぁこうやって会社が倒産しても、路頭に迷わずに、のほほんと生活してこれたのは兼業ライターで実績を貯めてきたからに他なりません。
それは、リストラであっても同じことでしょう。

あなたも突然仕事が無くなったときのために、今のうちから「行動」しておきませんか?
そんな「行動」することの大切さを学べる本が、これです。

僕の尊敬するWebライターのヨッピーさんが書いた初の紙の書籍です。
これを読んで、いつ退職しても大丈夫なマインドを身に着けておくと、安心して生活できますよ!