ランサーズに頼らずにWebライターになる方法を教えるよ!




ちもん
こんにちは 薄毛の育毛ライター、ちもんです
頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

Webライターになって、もう3年が過ぎました。
専業としても、そろそろ半年。
どうにか1人分なら食べていけるくらいの報酬も得られています。

とはいえ、Webライターは稼げない印象が大きいのも事実。

特にランサーズなどのクラウドソーシングサイトを利用してライターを目指す場合
ネットで検索したら、出るわ出るわ。

「Webライター 稼げない」

「ランサーズ 稼げない」

まぁ実際に稼げないわけではないんですけどね。
確かにそれで食べていくのが難しいのは事実ですが、年収にプラス10万加えたいのならこれほど手軽なやり方もありません。

とはいえ、クラウドソーシングでライターを目指すのが難しいのなら、どうやってライターになればいいのでしょうか?
この記事では、ライター4年目の僕がクラウドソーシングを使わずにライターとして活躍する方法を教えます!

 

メディアが求めるライター像を考える

書きたいメディアを見定めよう!

クラウドソーシングを利用しないでライターになる上で大切なのは、どのメディアで書きたいのかを明確にすることです。

ランサーズなどのクラウドソーシングでは、さまざまなクライアントが提示した数多くの依頼の中から自分に合った条件を探し出して、提案を入れるのがセオリーです。
案件ベースになるため、カンタンな案件からこなしていけば順当にライターになれるのがメリット。
一方で、クライアント側もライター側も手数料が取られるので、報酬はどうしても少なくなってしまいます。

クラウドソーシングを利用しない場合、放っておいても仕事が来るということは非常に稀です。
ツイッターやインスタグラムのフォロワー数が10万ほどいるとか、ブログのアクセス数が月に10万PVはあるとかでもない限り、自分から行動しないことにはライターになれません。
そこで、自分が書いてみたいというWebメディアをいくつか見繕っておく必要があるのです。

 

メディアに応募する前に。

自分が書いてみたいWebメディアがあるのなら、そのメディアに応募してみましょう。
ただし、今すぐに応募しても絶対にOKはもらえません。
何故なら、実績がないからです。

メディア側もお金を支払うわけですから、払った以上の成果は出して欲しいものです。
それを見極めるために参考になるのが実績。
あなたが「どのような文章を書くのか」「どんなターゲットに訴求するのが得意なのか」「何ができるのか」を、実際にあなたが執筆した記事を元に判断するのです。

とはいえ、ライターを目指している段階のあなたにはまだ実績がありません。
実績の溜め方については後で説明するとして、ここでは効率的な実績を作るためにメディアが求めるライター像を研究する方法を紹介します。

 

メディアが求めるライター像

まず、あなたが書きたいメディアではどんな記事が書かれていますか?
美容健康、ファッション、恋愛、趣味、もちろん僕が得意な育毛や観光・・・さまざまな専門メディアがありますが、注目してほしいのはそこではありません。

「○○な△△5選!」のようなまとめ記事「○○さんに△△な方法を聞いてみた」のようなインタビュー記事「○○は本当に△△なのか実際にやってみた」のような体験記事など、メディアによってそのカラーは違います。
あなたが書きたいメディアでは、どんな記事が求められているのかを予め知っておくと、効率的な実績の作り方が決まってくるのです。

まとめ記事にしてもインタビューにしても体験記事にしても、求められるスキルは全然違います。
あなたが実績を作るのなら、メディアが求めるスキルを活用した記事を執筆するのが最も効率がいいのです。

 

実績と肩書きを強化する

メディアが欲しいライター像がわかったら、今度は売り込むための準備です。
ここでは、メディアに応募するための実績の作り方を紹介します。

 

ブログ記事を書こう!

一番手っ取り早い実績の作り方は、ブログで発信することです。
あなたが書きたいメディアが専門的に取り扱っている内容のブログ記事をとにかく書きまくる。発信しまくる。
たくさんの記事を書けば、それだけ専門知識が豊富なことをメディアにわかってもらえるでしょう。

さらに追加して欲しいのは、求められるスキルを活用した記事を書くことです。

個人ブログだとインタビューを申し込むのは少し恥ずかしくもありますが、その場合は専門家ではなく知り合いに対してインタビューするのでも構いません。
知り合いなら、緊張することなくインタビューの練習ができますし、執筆が終わってから一緒に推敲してもらうことだってできます。
要はスキルを持っていることをメディアにアピールできればいいのです。



ただし、個人ブログはあくまで個人ブログ。
メディアによっては大きな実績として取り扱ってもらえないかもしれません。
そこで、大きな実績として取り扱ってもらえる裏技を紹介しましょう!

それは、メディアを立ち上げて編集長になることです。

 

メディアを立ち上げて編集長を名乗ろう!

編集長なら誰でもなれます。
メディアを立ち上げて、名乗ればいいだけだからです。

個人ブログと違ってWebメディアは専門記事しか書いてはいけませんが、その分、応募したいメディアが感じる信頼度も違ってきます。

どこの馬の骨とも知らない奴が「ライターになりたいです!」と応募しても、実績記事をちゃんと読んでもらえるかはわかりません。
もしかしたら、さらっとテキトーに流し読みされてしまう可能性もあります。
しかし、応募メールに『○○専門メディア△△編集長』という肩書きが記載されていたらどうでしょうか。
それだけで「こいつは採用候補だな」となり、実績記事をしっかりと読んでもらえることでしょう。

では、メディアはどうやって立ち上げればいいのでしょうか?

これもカンタンです。
ブログを作ればいいのです。

とはいえ、無料ブログで「メディアです!」と訴えても、「あっ(察し)」となってしまいかねません。
もちろん、それでも記事は読んでもらえるでしょうが、本気で応募するのならサーバを借りて、ワードプレスでちゃんとしたメディアを作るに越したことはないでしょう。



ライターになるためにお金が掛かってしまうのは不本意かもしれません。
しかし逆に考えると、作ったメディアでアフィリエイトを展開して収入源にすることも可能だと言えます。
そこで、ニッチワードを意識したミニサイトを作って、お金を稼ぎながら編集長の肩書きをゲットしてみてはいかがでしょうか。

補足
ニッチワードとは、競合が少ない検索ワードのこと。
競合サイトが少ないので、検索時に上位に表示されやすいというメリットがある。

 

ミニサイトを運営して実績URLにしよう!

ミニサイトの編集長になるメリットは、少ない記事数でひとつのメディアとして成り立つところです。
本格的なメディアは定期的な更新をし続けなければいけないため、時間がそこに費やされてしまいます。
あなたがアフィリエイターやブロガーを目指すのなら本格的なメディアを作ってもいいのかもしれませんが、ライターになりたいのならそんなことをしている暇はありません。
次々メディアに応募して、採用を勝ち取る必要があるからです。

ミニサイトなら10記事もあればメディアとして成り立つし、必要な情報も最小限で済みます。
ニッチワードなので、アフィリエイト収入にも期待できるかもしれません。

ただし少ない記事数の中で求められるスキルを生かした専門記事を執筆しなくてはいけないため、個人ブログでやるよりも難易度は上がります。
もちろん、レンタルサーバやドメインに費用がかかってしまうというデメリットも忘れてはいけません。
「絶対にこのメディアで書いてやるんだ!」と覚悟をした方にこそオススメな方法ですね!


実際に応募してみる

実績と肩書きという下準備が出来上がったら、いよいよ応募です。
書きたいメディアに応募するのは緊張しますが、やってみないことには話は進みません。
ここでは、メディアに応募するときの注意点を紹介します。

 

ライター募集ページを探して応募する

大きなメディアには、ライター募集のページがあります。
サイト上部のグローバルメニューやサイドバー、フッター部分をよく眺めてみてください。
「ライター募集」的な文字が見つかるはずです。

募集ページはフォームになっていることが多く、そこに必要事項を書いて応募します。
その際には実績URLを書くのをお忘れなく。

実績URLは全て載せるのではなく、メディアのカラーに合ったものや求められるスキルを活用した記事を重点的に載せることが肝心です。
多すぎても読む側が困ってしまうので、3つくらいに絞って応募するといいでしょう。

応募後、即採用ということもあれば、テストライティングを求められることもあります。
どちらにしても、そこまで行ったら後は実力勝負
頑張ってください!応援してます!

 

募集ページが無ければ問い合わせから応募する

Webメディアには、大抵お問い合わせページがあるものです。
ライター募集ページが無いのなら、そこから応募するようにしましょう。

現在ライターを募集していない可能性があるため、採用される可能性は募集ページがあるメディアより少ないでしょう。
ですが、チャンスがないわけではありません。

例えばですが、応募の際に「やってみたい企画」を提出すると可能性が上がるかもしれません。
いい企画だと判断された場合、たとえライターを募集していなくても採用されるでしょう。

 

とにかく数をこなすこと

メディアに直接応募する場合、クラウドソーシングに比べて採用される確率は低いでしょう。
クラウドソーシングは仕事があるから募集しているのに対して、直接応募の場合、現状で仕事が成り立っている状態のメディアに割り込んでいくわけですから当然です。

とはいえ、「いいライターが不足している」「ライターとの出会いがない」と考えているメディアが多いのは事実です。
数をこなせば、いずれあなたにとって運命的な出会いもあることでしょう。

クラウドソーシングを利用せずにWebライターになりたいのなら、とにかく応募数を増やすことです。
可能性が低いことでも試行回数を増やせば増やすほど、その分確率は上がっていきます。
諦めずに、とにかく応募してみてください!

 

手軽にライターになりたいのならやっぱり・・・?

ここまで、クラウドソーシングを利用せずにWebライターになる方法を紹介してきたのですが、やはり一番のネックになる部分は実績でしょう。
特にメディアの編集長になるという方法。
Webメディアを立ち上げるのには、運用費が掛かるし、ある程度ワードプレスなどの知識を持ってる人しか使えない技なので、ハードル高めなテクニックです。

手っ取り早く実績を積みたいと考えているのなら、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトを利用するのがいいでしょう。



クラウドソーシング「ランサーズ」

オススメの実績獲得方法は、「仕事をさがす」→「ライティング・ネーミング」を選択し、「署名」で検索をかけるというものです。
記事に自分のライター名を載せることができるので、信頼性の高いポートフォリオになります。
ランサーズを使って実績を集めるのなら、使ってみてください。

 

まとめ

Webライターになりたいと考えている方は、まずは何か文章を書くことからみてください。
「なりたいのに何もしていない人」を採用するメディアはありません。
そして、できれば個人ブログであっても、取材やインタビューを申し込んだり、色々なことを体験した記録を執筆したりとスキルをアウトプットしていくといいでしょう。

誰だってはじめは初心者です。
恥ずかしがらずに、挑戦することから夢は叶っていくのではないでしょうか。