スマホで図案作成!ドット絵作成アプリdotpictを紹介!




こんにちは。
貶励亭ちもんです。

クロスステッチの図案がスマホで作れるって知っていますか?

クロスステッチは点(ドット)の組み合わせで絵を表現するピクセルアート(ドット絵)のひとつ。
ドット絵さえ描ければ、誰だってカンタンに図案が作れます。

しかも、最近ではスマホでドット絵が書けるアプリがリリースされているため、空いた時間にササっと図案を作ることも可能なんです!

この記事では、スマホでクロスステッチの図案を作成するために、ドット絵エディタ『dotpict』をご紹介します!

dotpictとは

MASAKI MITSUYAMAさん開発のドット絵作成アプリです。

片手でカーソルを動かし、もう片方の手でドットボタンを押すことで、ドットを打ち込んでいきます。
ドットボタンを押しながらカーソルを移動させるとスムーズに線が描けるのが特徴。
カラーパレットに登録された色をタップすると、ペンの色が変わります。

dotpictを使用するメリット

カーソルは1ドットずつ動かせるので、細かい編集が楽なのが最大のメリット。
また、SNS機能が付いているので、他のドッター達の作品を眺めることができます。
今まで考えもしなかった表現技法を学べるかもしれませんよ!

dotpictを使用するデメリット

dotpictのデメリットは大きく2つ。
レイヤー機能がないことと、下絵をインポートできない点です。

dotpictにはレイヤー機能が付いていないため、重ねて描くことができません。
下絵を上書きすることになるため、修正が面倒かもしれないです。

また、参考にしたい画像をインポートすることもできません。
スマホで撮った写真をドット絵に起こしたい場合、アプリ間を何度も往復しなくてはいけないでしょう。

使い勝手は?

dotpictは、一般的なペイントアプリと違って、カーソルを操作したりボタンをタップしないとドットを打ち込目ないなど、直感的な操作はできめせんが、1ドットずつ細かく操作できるので、細かい作業は楽チン!
指で操作することご前提のスマホだと、直感的なインターフェースは、精密な作業は向いていません。
職人的に図案を作成していきたい方はdotpictを使用することをオススメします。

Google Play で手に入れよう

ただし、画像をインポートすることごできないため、どうしても下絵を参考にしながらドット絵を描きたい方は、DottableやPixel labelなど、画像インポート機能が付いているのエディタを使用しましょう!