僕がクロスステッチで手芸男子になった理由




ちもん
こんにちは 薄毛の育毛ライター、ちもん(@untimon)です

手芸男子になってます。
今、僕はクロスステッチにハマっています。
クロスステッチとは刺繍の1つ。
布のマス目に沿ってバッテンに縫いながら形をつくっていくという刺繍方法です。

ちょっと何言ってるか分からない?

じゃあまず見てもらいましょうか。
これがクロスステッチです。

見たことある人もいるでしょ?
今、これにハマってるんです。
ちょっと今日は、このクロスステッチの魅力について語ってみますね!

誰でも簡単にできる手芸!

手芸っていうと、小物を作ったり、ぬいぐるみや人形を作ったりというイメージがありますよね。
型紙通りに布を切って、まっすぐに等間隔に糸で縫い合わせて……。
「ぶっちゃけ、面倒だからやりたくない!」
と思う方も多いはず。
僕も実際にそう思ってました。

唯一ハマったことがあるのが羊毛フェルト人形作りですが、時間と根気が必要なので、やる気が起きるまでひと苦労。
ちもんさん人形を作ってくれたかのぽむさん(@kanopom_writing)、マジで凄いと思います。

一方、クロスステッチは型紙もまっすぐ等間隔に縫う必要もありません。
布にあいたマス目の角っこに針を刺しながらバッテンを作っていくだけです。
何これカンタン!
ちょっとした小さな刺繍でもキーホルダーなどのアクセサリにできるので、時間を掛けずに作品が量産できるのも魅力です。

技術が要らず、時間もかからない。
不器用で根気のない僕にとって最高の趣味、それがクロスステッチなのです。

技術よりも頭脳を使う手芸

技術が要らないと言いましたが、クロスステッチが底の浅い手芸かと言えば、そんなことはありません。
誰でも作れるけれど、クオリティを高めていくには頭脳を使う手芸なのです。

縫う順番を考えないと、裏がめちゃくちゃ

クロスステッチは、何も考えずに刺繍することもできますが、縫う順番をしっかり考えると、裏までハイクオリティな刺繍を作ることができます。

これが僕が最初に作った作品です。

見て下さい、この裏。
めちゃくちゃでしょ?
表だけ見ると、そこまで酷い作品には見えませんが、裏を見れば一目瞭然。
これは縫う順番を考えていなかった結果です。

一方、最近作った作品がコレ。

裏、キレイになってきてますよね!
まぁ作品自体が小さいので、ごちゃごちゃしてしまった部分はありますが、それでも前に比べればクオリティが上がったのが分かると思います。

このように、順番を考えながら刺繍していくのも、クロスステッチのひとつの楽しみ方なのです。

刺繍糸の撚りをほどき、何本で刺繍するかで印象が変わる

刺繍をやってみて初めて知ったんですが、刺繍糸ってほどいて何本かに分けて使うものなんですね!
撚っていた糸を2本だけ使うことを2本取り、3本使うことを3本取り、6本使うことを6本取りと呼び、それぞれで完成作品の印象が全然違うんです。

6本取りで刺繍した作品は、絵がふっくらと浮き出て見える可愛らしい作品に。
2本取りで刺繍した作品は、色の境界が明確でスッキリと鮮やかな作品になります。
糸を減らす毎に、ふっくら感がなくなり、スッキリ感が出てくるという感じでしょうか。

ほんわかしたキャラクターを刺繍するときには糸数を増やす、など色々と工夫しながら刺繍するのもクロスステッチの魅力です。

刺繍糸の色の数が半端ないので、糸選びだけでも楽しい!

刺繍糸って、糸の種類がもの凄く多いんですね!
同じ赤でも数種類ある上、違うメーカーのも合わせると色合いや光沢が違うたくさんの種類の赤が存在することになります。
そんな中から糸を選んで刺繍していくので、出来上がった作品も1人ひとりの個性が出てきます。
同じモチーフを刺繍しても、印象が全く違ったりするので、見せ合いっこも楽しいですよ!

自分しか持っていないオリジナルのキャラクターグッズが作れる!

オタクな僕にとって一番の魅力がこれかもしれません。
クロスステッチは言ってみればドット絵を描くようなもの。
ゲームの画像を持ってきて、それを刺繍するだけでキャラクターグッズができるので、自分しか持っていないオリジナルグッズを作ることができるのです。

今はまだはじめたばかりなので、ファミコンのカンタンなドット絵しかできませんが、いずれスーパーファミコンの作品にもチャレンジしてみたいところ。
ドラクエやファイナルファンタジーのキャラクターが作れたら最高です!

後、ガンダムも忘れちゃいけませんよね!
スーパーロボット大戦のドット絵は結構落ちてるので、いつかガンダムGP-01のクロスステッチにも挑戦してみたいです!

みんなでやろうよクロスステッチ!

クロスステッチは、目の粗い布と刺繍糸さえあればカンタンにできる手芸です。
キットを買って、美しい作品を作ってみたり、ネットで図案を見つけてリーズナブルに大作を作ってみたり、楽しみ方は人それぞれ!
自分なりの楽しみ方を見つけて、僕と一緒にハマってみませんか!

関連記事