年収を12万円増やせ!はじめての副業ライター、具体的な働き方!




こんにちは、Webライターの貶励亭ちもんです。
この春から会社員との兼業で頑張っています。

昨年はWebライター1本としてやってきまたが、実は僕、兼業ライター歴は5年。
パラレルワーク歴の方が長いのです。

働き方改革が叫ばれる中、パラレルワークを認める企業も増えてきています。
とはいえ、「仕事が忙しすぎて副業どころじゃない」と嘆く会社員も多いはず!
そこで今回は、兼業ライター歴5年の僕が、年収を12万円増やすために必要なライターの働き方をご紹介します。

意外とカンタン!年収を12万円増やす方法!

年収12万円増ということは、月収で考えると1万円増です。
Webライターにとって、この月に1万円稼ぐのは意外とカンタンなんです。

現在、Webライター業をはじめる方にとっての門戸となっているのはランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイト。
そこでは、ライターの報酬は1文字○円で取引されています。

仮に1文字1円と考えると、月に1万円稼ぐためには記事を1万文字書く必要があります。
これは、1日2000文字書くことができればたった5日で達成できる数値。
土日祝日が休みの会社なら、休日を全てつぶすこと無く達成できるのです。
これなら、どんなに仕事が忙しくても達成可能な目標です。

1文字1円の仕事の探し方

さて1文字1円で書けば、5日も執筆すれば月額1万円が達成できるといいましたが、ぶっちゃけ1文字1円以上の仕事って、そこまで多くありません。
探せばカンタンに見つかるのですが、本業が忙しい副業ライターは探す手間も惜しいくらいです。

そんな時は、検索条件保存機能がオススメです。
これは、仕事を検索する際に必要な「カテゴリ」や「仕事のスタイル」「条件」「キーワード」を保存しておける機能。
しかも、ランサーズでは保存した条件が該当する新着案件を毎日メールで配信してくれるのです!
文字単価1円の仕事を探したければ、「キーワード:1円」で登録しておけば、忙しい毎日でもメールを確認するだけで仕事を見つけることができますよ!

ちなみに、僕は「カテゴリ:ライティング」「キーワード:5円」で検索条件を保存しています。
文字単価5円の仕事があれば即行で提案できるんです!
ふふふ、頭いいでしょう?

でもね、文字単価0.5円の仕事ばっかしかこないの。
5円の仕事なんて1回も来たことないの。
ちくしょう。

年収12万円アップは、はじまりのはじまり

副業ライターにとって年収12万円アップの道のりは、意外とカンタンです。
会社勤めで12万円アップを達成するためには、なんらかの資格を取るしかありませんが、副業なら月に5日で達成できるんだから断然お得ですよね!

しかも、これは副業ライフのはじまりにすぎません。
この経験を足がかりに、大手メディアで執筆すれば、インセンティブでさらなる収入アップも狙えるのですから。
ステップアップしていけば、いずれは会社をやめてフリーライターになれるかもしれません。
これは、そんな夢のような話を実現するための第一歩なのです。

何事もはじめなければ何もはじまりません。
まずは月5日のライター仕事から挑戦してみてはいかがでしょうか!