BB戦士ガンダムは、原点にして頂点のプラモデル!




ちもん
こんにちは
薄毛の育毛ライター、ちもんです
SDガンダム BB戦士 RX-78-2ガンダム(アニメカラー) (BB戦士)

「原点にして頂点」という言葉は、あまり好きではありません。
文化の歴史は進歩の歴史。
原点を頂点としてしまうことは、現在まで歩んだ進歩を否定することに繋がるからです。

しかし今、僕の目の前にあるコイツは、原点にして頂点としか言いようがありません。
シンプルながら美しくたくましいフォルム。
力強く頼りがいのある頭部。
どこをとってもカッコよすぎます。

その名も、BB戦士RX-78-2ガンダム(アニメカラー)。

今日は、BB戦士ガンダムのかっこよさについて語ります!

 

きっかけはビルドファイターズ

どうして突然ガンプラなのか。
そのきっかけは、ガンダムビルドファイターズというアニメでした。

ガンダムビルドファイターズとは、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)をテーマにしたアニメ作品
内容はお互いに改造したガンプラ同士を戦わせるというバトルもの。
男の子なら誰もが憧れる世界観で繰り広げられる物語は、おっさんの心にグサリと刺さります!
ちなみにビルドファイターズは、今なら、Amazonプライムに登録すれば無料で視聴できるのでオススメです!

さて、そんなワクワクする作品に触れたからには、自分でもガンプラを作りたくなってくるもの。
とはいえ、プラモデルなんてもう10年以上も作っていないおっさんの僕ですから、完成させられるか不安でもあります。
そんな折、ビルドファイターズにあるガンプラが登場します。

そう、BB戦士です!

 

初心者にオススメのガンプラ、BB戦士!

BB戦士とは、デフォルメされたガンダムであるSDガンダムをプラモデル化したもの
初期にはBB弾を発射できるギミックがついていたことから、BB戦士と名づけられています。

細かいギミックが省略されているのがデフォルメのメリット。
これなら初心者でも、久々にいじるおっさんでも簡単に手を出すことができます。

「SDガンダムは子供向け」と侮ってはいけません。
確かに昔のBB戦士は腕に関節が無く、足の可動域も少ないのでポーズを取らせることすらできませんでした。
しかし、最近のBB戦士は腕に間接があるほか、肩も前後に可動するため、どんなポーズも自由自在!

足もめっちゃ動く

最初からパーツごとにリアルな彩色が為されているので、色を塗らなくてもカッコいいのもポイントです!

そして、何より可愛い!
カッコいいだけじゃなくて、可愛らしいのもBB戦士のいいところです。
リアルタイプのガンプラは、カッコいいのですがガンプラとしての魅力しかありません。
その点、BB戦士は可愛いので、オシャレなインテリアと一緒に飾っても、チャームポイントになるのです!
また、旅行に持っていって観光地と一緒に写真に残せば、ちょっとしたインスタ映えも期待できます!

初心者だけではなく、おっさんや、お姉さんまで、様々な層に遊んで欲しいガンプラこそがBB戦士なのです!

 

原点にして頂点!RX-78-2ガンダム!

さて僕が一番好きなガンダムは、機動武闘伝Gガンダムの2代目主人公機ゴッドガンダムです。
身幅や肩幅が広く胸板も厚いため、史上最も男らしいボディを誇るのがその特徴。
格闘専用の機体というだけあります!

当然、今回もBB戦士ゴッドガンダムを作ろうと思っていたのですが、ヨドバシカメラ仙台店には生憎置いていませんでした。
仕方が無いので他のBB戦士を作ることにしたのですが、2番目に好きなガンダムのνガンダムや黒いボディに金色の装飾が眩しいバンシィ・ノルンなど、他にも欲しいガンプラハたくさんあったので、どれを買おうか悩んでしまいます。

そんな時に出会ったのが、このパッケージ。

か、カッコいい!
RX-78-2ガンダム。
これは最初のTVシリーズ「機動戦士ガンダム」にでてきた正真正銘の原点であるガンダムです。
大人気シリーズの原点ということもあって何度も何度もプラモ化してきたのですが、BB戦士でも新しくなっていたなんて!

正直に言うと、ノーマルガンダムって今までこんなにカッコいいと思ったことないんですよ。
でも、この新しいBB戦士は、小さいながらも力強い外見が本当に魅力的で、思わず買ってしまったんです。

で、本日夢中で作ってみた姿がこちら。

ちもん
すごい!カッコいい!(自画自賛)

何度も何度も最新の技術でリファインされつづけることで、スタイリッシュなのに逞しい姿を手に入れたガンダム。
原点が原点として君臨するのではなく、進歩し続けることで頂点を維持すること
これこそが「原点にして頂点」の姿なのだと、実感することができました。

僕も、自分のいる場所に満足せずに、常に進歩をし続けていたいと思います!

ちなみに実際にプラモを作るときには、完成した後に「墨入れ」と「ツヤ消し」をするだけで、質感が増して一層かっこよくなるのでオススメです!
「自分も作ってみたい!」と思った方は、試してみてください!