自毛植毛、無料カウンセリングで聞かれる3つの内容を紹介!




自毛植毛を行うクリニックは無料カウンセリングを受けてから決定するというのはよく聞く話ですが、カウンセリング内容についてはあまり知られていません。カウンセリングで行われる内容が予めわかっていれば、より詳細に自分の頭皮の状態を医師に知ってもらうことができますし、それにより見積もり内容も具体的になり、クリニックの選定にも役に立ちます。

自毛植毛の無料カウンセリング内容はヒアリング、モニタリング、そしてプランニングの3ステップ。
今回は、そのそれぞれを詳しく解説します。

 

ヒアリング:あなたの頭皮を取り巻く環境を聞く

最初に行われるのはヒアリング、つまり問診です。あなたの頭皮を取り巻く環境を掘り下げ、本当に植毛手術が有効なのかを調査するのが目的となります。無料カウンセリングの結果次第では自毛植毛ではなくフィナステリド等の医薬品の処方で対策することもあります。質問事項はさまざまですが聞かれるのは大きく以下の4つです。

  • 現在の健康状態(病気にかかってないか、薬は使用しているのか等)
  • 食生活
  • 両親(祖父母)の髪について
  • 目標(どのくらいのボリュームにするのか)

基本的には普通の病院の初診時の問診と同じですが、両親の髪についての質問がユニークですね!
これは遺伝の関係で聞かざるを得ないのですが、自分の知らないところでハゲが暴露される父親に同情を禁じえません!
手術の傷が治るまで時間がかかるため『会社から休暇をとる事ができるか』も尋ねられる場合があります。

 

モニタリング:頭皮の状態を観察

ヒアリングが終わると、いよいよモニタリングです。あなたの頭皮を観察し、手術の規模や薄毛の原因を探っていきます。モニタリングで確認していくのは以下のものになります。

  • 髪が薄いのはどの辺りか
  • どの辺りまで薄くなりそうか
  • 髪が濃いはどの辺りか
  • 頭皮の健康状態

どの辺りまで薄くなりそうかをチェックするのは、自毛植毛で植えた毛の周りの今生えている毛が全て抜けてしまい、移植毛が孤島の様に残ってしまうのを防ぐためです。

 

プランニング:植毛する場合の計画を立てる

頭皮を取り巻く環境の調査が終わると、お待ちかねの計画立案になります。
移植範囲や移植するグラフト数(グラフト=毛包単位での髪の呼び名、1株ごとに1~3本の髪の毛)、ドナーの場所など手術の詳細な説明を受けるのですが、あなたの希望とすり合わせることで、より具体的にしていくのがプランニングです。

また、今後の頭皮のケアの方法をアドバイスしてくれる場合も多く、カウンセリングを受けるだけが目的でも十分メリットがあります。

 

無料カウンセリングは頭皮をチェックする場ではない!

クリニックにとって無料カウンセリングはあなたの頭皮の状態をチェックする場ですが、あなたにとってはそれ以上に大切な意味があります。それは、業者選定です。高額な薄毛治療になるので、失敗したら目も当てられません。かならず3つ以上はカウンセリングを受けて、一番信頼できるクリニックで施術してもらうようにしましょう。

今回紹介したような内容にプラスアルファしてくれるようなクリニックや、丁寧に対応してくれる優良なクリニックを見つけられることを心から願っています!