絵が上手い人って




最近思うことがある。

絵が上手い人って、絵が上手いよね。

当たり前のことなのだが、本当にそう思う。

僕の話になるのだが、僕は絵が描けない人と比べると、結構絵が上手い人だと思っている。しかし、それはあくまで相対的なものである。絵が本当に上手い人は、誰と比べてもやっぱり絵が上手いのだ。

絶対的な絵の上手さまでたどり着くためにはどうすればいいのだろう。ひたすら練習に励むしかないのだろうか。

よく、本番は練習の何倍も人を成長させるみたいなことが言われているが、僕は本番絵を完成させることが本当に苦手だ。思ってたような絵にならなさそうだと判断した段階で、最初からやり直したくなってしまうのだ。

YouTubeの添削動画とかを見ていると、明らかに下手な絵が、添削されているのを見ることができる。皮肉ではなく、僕はこういう人たちを本当に尊敬している。下手なりに絵を完成させているからだ。

本番を何度もこなして、添削をしてもらう。これで成長しないはずはない。僕も、そんな人たちを見習って、今、下手なりに絵を完成させるようにしている。頑張ろう。



ABOUTこの記事をかいた人

宮城県在住のフリーライター。宮城県PR記事と育毛記事が得意。育毛知識は増えていくが、髪の毛は一向に増えない。だがそれがいい。