家に帰るまでが遠足なら、一体いつからが遠足なのか!




「家に帰るまでが遠足です」

誰もが聞いたことがあるこのフレーズ。
小学校の遠足では恒例のセリフです。

このセリフの真意は、「解散した後も車に気をつけて無事にお家に帰りましょう」と言うメッセージ。
頭に残る響きと安心を願う想いが重なった、素晴らしいキャッチフレーズだと思います。

家に帰るまで!家に帰るまでが遠足!
あれ?
家に帰るまでが遠足なのはわかったけど、逆に、いつからが遠足なんだろう。

目的地が発表されたとき?遠足のしおりが配布されたとき?出発の朝?
どれもイマイチしっくりきません。
考えに考えた末に、僕はひとつの結論に辿り着きます。

遠足の始まり、それはおやつを選ぶときだと思うのです。絶対。

遠足の意義は、生徒達の心身の成長を促すことにあります。
それは、体力の成長だけに非ず。

遠足のおやつは大抵300円まで。
この縛りこそが肝心です。
ただ自由におやつを選ぶのではなく、縛りが課すことによって、より戦略的にセレクトする必要があるため、必然的に計算能力が鍛えられるのです。

しまったなあ。やらかしたなあ。
今だったらもっと戦略的にコスパの高いおやつを厳選するのに!

間違いなく入るのが、100円のチョコトリュフ!
味といい、量といい、値段といい、かなりのハイクオリティです!
これだけのものを確保して、さらに200円の余剰資金を残すのですから、コストパフォーマンス的に最適解と言えるでしょう。
質と量の双方向から攻める、正に大人の手法です。
我ながらパーフェクトゥ!

という話を相方にしてみたら、自分だったらカントリーマァムのファミリーパックにすると。
スーパーで298で買えるとはいえ、浅はかなり!
だって、二種類の味しか楽しめないじゃん!
そう指摘すると、彼女は一言。

ビジネスするんだよ
ちもん
どう言うこと?
カントリーマァム1枚を、他の人のおやつと交換するんだよ。
そうすれば色んな種類のおやつが食べられるでしょ?

天才かよ!

完全に経営者の発想です。
何と言う女を妻にしてしまったのだろうか!

このアイディアの素晴らしいところは、友達とのコミュニケーションツールとしても優秀なところ。
うまく利用すれば、新しい友達を作ったり、クラスの中心に成り上がることもできるかもしれません!

世のお父さんお母さんは、お子さんの遠足のとき、この手段を勧めてみてはいかがでしょう?