ドット絵をリアル世界に召喚する方法




これは、裏ドット絵 Advent Calendar 2021 の12/12の記事である。表の方もあるので、ドット絵に興味がある方はぜひ覗いていってほしい。

皆さん、ドット絵ライフを楽しんでいるだろうか。楽しんでいる人も、物足りないと感じている人も、新しいドット絵の愛で方に挑戦してみてはいかがだろうか。

新しいドット絵の愛で方。それは、ドット絵を、リアル世界に召喚してしまおう、というものだ。この記事は、ドット絵を打つドッターさんに向けて、ドット絵手芸の楽しみ方をお勧めする記事である。

代表的なドット絵手芸2選

ここでは代表的なドット絵手芸として、クロスステッチとアイロンビーズを紹介しよう。

クロスステッチ

シンカリオンE-5はやぶさのクロスステッチ

刺繍糸と専用の針、そして目の荒い布を使ってドット絵を表現するのがクロスステッチだ。刺繍糸をクロスさせたピクセル表現が独特で面白い。使用する糸の本数で糸感を残したりできるので、作品の幅が広がるのも魅力だ。

アイロンビーズ

ポケモンのアイロンビーズ

ビーズをピクセルに見立てて並べ、ドット絵を描くのがアイロンビーズだ。並べ終わったらアイロンで表面を溶着させると完成。ボクセルのような使い方もできるなど、表現方法は自分次第だ。

リアル世界でドット絵を楽しむ方法

ドット絵をリアル世界に召喚したけど、このあとどうすればいいのかわからない方もいるだろう。そんな方のために、僕がドット絵をどうやって愛でているのかを、ちょっとだけ紹介しよう。

並べる

小さい作品をたくさん作って並べる。同じゲームのキャラクター同士を並べる。枠に並べて飾る。などなど、リアルドット絵を愛でる上で1番基本になる楽しみ方は、並べることである。

いざゆけロボットぐんだん

飾らなくても、制作した作品を全部、テーブルや床に並べるだけで楽しいので、是非やってみてほしい。

映えさせる

「美味しいお菓子見つけた!インスタにアップしよう!」

そんな時に、役に立つのがリアルドット絵だ。メインになる被写体の周りに作ったリアルドット絵たちを飾るだけで、ホラ

ゆっくりたべていってね!

この通り、映える写真に早変わり!並べすぎると、ドット絵がメインになるから注意しよう!

身につける

せっかくリアル世界に召喚したのだから、身につけてみない手はない。特に、クロスステッチは、服に直接刺繍したり、くるみボタンを使って缶バッジにしたりと、遊び方は無限にある。自分の好きなところに付けて、おしやれを演出してほしい。

宮城においでよ!

まとめ

以上、ドット絵の新しい楽しみ方の一例を提案してみたが、楽しみ方は他にもさまざまだ。自分なりの遊び方を見つけて、ぜひぜひ、SNSなどで紹介してほしい。僕もすぐに見にいく所存だ。



ABOUTこの記事をかいた人

宮城県在住のフリーライター。宮城県PR記事と育毛記事が得意。育毛知識は増えていくが、髪の毛は一向に増えない。だがそれがいい。