クロスステッチを始める時に揃えるべき道具を完全紹介!




クロスステッチは、不器用な方でもカンタンにクオリティの高い作品が作れる手芸!
妻から「一度小学校で習い直した方がいい」と言われるほど字が下手な僕でも、そこそこのクオリティで作品を作ることができるので、間違いないでしょう。

完成作品はドット絵風の刺繍になるので、ファミコン・スーファミ世代は大感激のクロスステッチ。
この記事では、そんなクロスステッチを作る際に必要な道具を紹介します。

刺繍針

刺繍用の針です。
普通の裁縫用の針よりも糸を通す穴が大きいのが特徴です。
裁縫用針でもできないこともないですが、クロスステッチは何本かの糸をまとめて針に通すことがあるため、刺繍用の針がオススメです。

クロスステッチ専用のものも売っているので初心者はこちらを購入するといいでしょう。

刺繍枠

布をピンッと張るための枠です。
布が張っていない状態ではクロスステッチをスムーズに楽しめません。
二重になった枠の間に布を挟み、留め具をしっかりと締めてピンッと張るだけで、「捗り感」が全然違うんです!

基本的には円形の枠がサイズ別に売られているのですが、大型のものだと長方形のものや専用のスタンドまであるので、極めたい人は是非!
僕もいずれ購入するつもりです!

ジャバクロス(クロスステッチ用の布)

ジャバクロスとは縦糸と横糸が等間隔で織られた布のこと。
クロスステッチは布目にそって1目ずつ刺していくため、ジャバクロスが最適なんです!

ジャバクロスには打込目数・カウント数という要素があり、これによって刺し上がりの印象も大きく変わります。
打込目数とは布10cm平方の中に織り目が何目あるかを示し、カウント数は1インチ(2.54cm)の中に何目あるかを示します。

どちらも数字が大きくなればなるほど布目が細かくなっていくという特徴があります。
初心者なら打込目数・カウント数が小さいものを選ぶといいでしょう。

刺繍糸25番

クロスステッチには主に25番の刺繍糸が使用されます。
この番号は1グラムあたりのメートル数を表し、25番糸はその中でもメジャーな刺繍糸として知られています。
8番という強度が強い糸もあるのですが、初心者のうちは25番がオススメです。

6本の糸がユルく1本に撚られているのが25番刺繍糸なのですが、使用する際は必要な本数だけ分解するのが一般的。
1本だけ使うときは「1本取り」、3本まとめて使うなら「3本取り」といい、その本数によって完成作品のイメージはガラッと変わります。
作品毎に本数にこだわれるクロスステッチ作家になってみたいものですね!

糸切りバサミ

糸を切る用のハサミです。
普通のハサミで代用できなくもないですが、糸切りバサミは切れ味がダンチ!

糸が思うように切れないときのストレスって意外なほど大きいので、できるだけ専用のハサミを使用するといいでしょう。

糸通し(刺繍用)

糸通しと聞くと、学校で購入する裁縫セットに入っているエリザベス女王みたいな絵が描いてある奴を想像してしまいますが、刺繍用の糸通しはちょっと形状が異なります。

というのも、刺繍糸は普通の糸よりも太く、複数本同時に針穴に通さなければいけないため、エリザベス女王の糸通しでは強度が弱すぎるのです。

必要な道具まとめ

・刺繍針
・刺繍枠
・ジャバクロス
・刺繍糸25番
・糸切りバサミ
・糸通し(刺繍用)

以上がクロスステッチに必要な道具です。
しかし、これだけの揃えるのも面倒でしょう。
そこで次に紹介する裏ワザを使用してみてはいかがでしょうか。

手っ取り早く刺したいなら、キットを買ってしまおう!

クロスステッチのキットには、刺繍針やジャバクロス、刺繍糸や刺繍枠を全てセットにして販売しているものがあります。
このキットを購入すれば、ハサミと糸通しを除いた全ての道具が手に入ります。
オリジナル作品を作るときにも流用すできるので、初心者が初めて挑戦するのにピッタリ!

道具を1個1個揃えるのが面倒だと感じた方は、まずはクロスステッチのキットを購入してみてください。
もちろん、せっかく購入したんですから、ついでにそのキットを完成させてしまうのもいいでしょう。

関連記事