アンチエイリアス処理が難しい




主線ありドット絵と主線無しドット絵。僕の芸風は、前者の主線ありドット絵である。

主線ありドット絵の特徴は、やはり主線にあると言っていい。これが、滑らかに見えるドット絵が、いわゆる上手いドット絵だ。

細かい正方形を並べて、絵を描画するのがドット絵である。そのため、斜めに線を描こうとすると、必然的に線が階段状にガタガタしてしまう。これを解消するのが、アンチエイリアス処理である。

しかし、このアンチエイリアス、加減が難しいのが欠点だ。あまりにガッツリ処理してしまうと、主線がボヤけてしまうのだ。どこまでアンチエイリアスを効かせるか。このバランスが難しいのである。

さて、御多分に洩れず、僕もアンチエイリアスに悩まさせられているひとりだ。主線を扱うドット絵師なのだから仕方ない。

ここからが本題だ。主線なしのドット絵ではアンチエイリアスはいらないのだろうか。実験してみた。

あ、これはアンチエイリアス要らないわ。

境界線はガタガタしているはずなのに、あまり目立たない。これならアンチエイリアスいらないのもわかる。

実際はきっとアンチエイリアス入れた方が滑らかなんだろうけど、気にならないならスルーしても大丈夫だろう。

とはいえ、僕は主線ありの方が好みなんだよなあ。アンチエイリアスを極める方向で努力することにするしかないかあ。



ABOUTこの記事をかいた人

宮城県在住のフリーライター。宮城県PR記事と育毛記事が得意。育毛知識は増えていくが、髪の毛は一向に増えない。だがそれがいい。