とんかつDJ、何もしない





VJ=ヴィデオジョッキー!
どうも、ちもんです。
前回は、アゲ太郎とSETAGAYA STREAMのコマさんが異色のコラボ!
アゲ太郎、VJ初体験でした。
しかし、VJコマさん(美大生)は美大から放校寸前と言う状態!
コマさんの彼女、たま美から相談を受けたアゲ太郎は一体どうするのか・・・!
という内容でした。
果たして、コマさんの運命や如何に!

放校寸前という話はコマさんの前ではタブー。
すぐ機嫌が悪くなるそうです。
完全にクズです。大貧民で負けてマジギレするレベルです。

というか留年を繰り返すコマさん、いったい年齢はいくつなんでしょう?
天才型のコマさんの作品は外部で仕事を依頼されるくらい評価が高いのですが、
自分のアンテナに引っかからない講義には絶対出席しないので、単位的にはボロボロ。
しかし、さすが美大の講義風景。
服装のセンスが常軌を逸しています。

授業風景

真ん中の人のTシャツの「TPO」がすごい気になります。、
教授なんてジャケットの下にパーカー着ちゃってますが、
それはそれとして、単位をゲットする方法です。

それはズバリ、学園祭で校長に認められること。
どうやら、この美大、毎年学祭で校長が認めた作品は単位が認定されるらしいのです。
しかし、肝心のコマさんは、「そんなやばみのないコンテストには出ない」と駄々をこねます。
カビ生えたコロ助のくせに何を言ってるんでしょう。
たま美さんはこのカビ助のどこに惚れたんでしょうか?

ダメンズウォーカーなんですかね?
さて、カビ助は最終的に現実逃避で逃げ出します。

バイクも意味わかんない改造。さすが美大生だけあります(偏見)

さて、川でchill out(落ち着くこと)していたコマさん。
かつての自分を懐かしみつつ物思いに耽りますが、自分の中でふつふつとくすんでいる「のろし」は消えません。
悩みはあるけどお腹もすいてきたので、アゲ太郎のいるしぶかつへ。
出されたとんかつを食べた瞬間、コマさんは目覚めます!
「そうだ!!!!今のオレは 肉になりたかったんだ!!!!」

コマさん覚醒

脳までカビたかコロ助よ。

詳細はこうです。
今までのコマさんは、やばいと感じたものになりたかったようなのです。

川にやばみを感じたとき→「オレは川になりたい」
ビデオにやばみを感じたとき→「オレはビデオになりたい」
そして今、とんかつを食べて思ったの→「肉になりたい」

そんな過去があったとは露知らず、暴言を言って申し訳ありませんでした。
ずっと前から脳までカビてたんだよね?

というか、これはとんかつDJ的に解釈すると、
「肉になってアゲられたい」ということでいいのでしょうか?
私もだいぶ「とんかつDJ脳」に近づいてこれたんじゃないかな?
アゲて欲しいってそれ完全に客側の意見だけどね!

画像引用元:とんかつDJアゲ太郎 4 (ジャンプコミックス)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。