とんかつDJ、カツ丼を極める! ジャンプ+感想





やあ、みんな!カツ丼食べてるかい?
僕ですか?食べてますよ!大好きですよ!
でもね、最近、歳のせいか朝に食べると胃がもたれるようになってたのが悩みです!
ちもんです。
さて、とんかつDJアゲ太郎ですが、まったりペースで曲を流し、フロアをお寒い状態にしてしまったアゲ太郎。
果たして、その策とは!!
というのが先週の引きです。
アゲ太郎の秘策とは、一体どんなものなのでしょうか?

アゲ太郎のフロアは、相変わらずまったりプレイ。
人もまばらにしか入っていません。
応援に来た女の子たちも真顔です。

クラブで真顔になる女二人

ここでアゲ太郎の回想を挟みます。
ドンさんから、「魂のCD-R(ソウル・ディスク)」を預かったアゲ太郎。
しかし、自分では曲を活かし切れないと、悩んでいました。
それに対し、

どんな曲も料理の仕方でまったく違う味にできんのがイカしたDJってもんじゃねえのか?

と発破をかけるホームレス風の男。
彼は、アゲ太郎の師匠にあたるDJオイリー。
毎日ラードひとかけらと引き換えにDJを教えるナイスガイです。
さりげなく手に持った飲み物もおそらくごま油でしょう。

家に帰り、とんかつ屋の仕事に戻ってもアゲ太郎は悩み続けます。
そんな彼が、まかないを食べにカウンターへ座ったとき、ひらめきが降りてきました!

「こ これだ!」

話はフロアへ戻ります。
まったりとした曲から、いつものアゲ太郎の曲へとペースが変わっていくと、じわじわと客足も戻ってきました。
アゲ太郎がじっくりと弱火で場(フロア)を温めに入ったのです!

どう見ても火力が強い

場(フロア)が温まった所で、さっきまで流していたまったりな曲を重ねて流します!
エアリーなふわっとした音を回し入れたのです!(言葉の意味はわからない)
背景では卵でとじている風景が流れています。

言葉の意味はわからない

そして仕上げです!
ドンさんから預かった「魂のCD-R(ソウル・ディスク)」の曲!
最後に、この曲をドーンとノせる(ドーンにのせる)と場(フロア)は最高にアガったのです!

丼とドーン(擬音)をかけた高度な駄洒落

そう、とんかつDJとドンさんの奇跡のコラボ!
カツドンMIXの完成です!

最大の盛り上がりを見せるフロア

最初のまったりとした曲は、ドンさんの曲とアゲ太郎の曲を合体させるのに必要な卵的な存在だったというわけですね!
うん、さっきから自分でも何言ってるか全然わかりません。

下着で踊るおじさんとそれを撮影する女の子

さて、盛り上がるフロアを覗きにきたのは、渋谷No.2のクリーチャーグループ。
クリーチャーさんの最初の台詞は
「アゲとるじゃないの」
でした。

クリーチャーさん器が大きそう

そして、もうひとり。
渋谷No.1DJの屋敷。
彼もアゲ太郎のプレイを見て何かを感じたようです。

さて、演奏が終わり、一休みするアゲ太郎。
そんな彼に藤井さんは渋谷No.1、2のプレイを観覧させます。
自分の目指す道の先を行くトップランナーのプレイ。
それを見たアゲ太郎は、ひたすらに震えます。
悔しさか、自信喪失か、はたまた武者震いか…。

というのが今週の内容です。
正直、あまりにガチ展開だとツッコミどころがないので困っています!
あと先週モブ扱いしたクリーチャーグループがしっかり話に絡んできそうなのも気になります!
来週は一体どうなってしまうのでしょうか!

画像引用元:とんかつDJアゲ太郎 4 (ジャンプコミックス)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。